LC475

コードネーム/ Primus
製造 1993年〜1996年
モニタ別
最大メモリ36MB(72pin SIMM x 1)
CPU / Motorola 68LC040 25MHz
HDD /80〜250MB
ドライブ / FD x1
外部ポート / 外部モニタx1、ADBポートx1、モデムポートx1、プリンタポートx1、SCSIポートx1、外部ステレオスピーカージャックx1
 ステレオマイクロフォンジャックx1
搭載OS / 漢字Talk 7.1

薄型ピザボックス最強

好評を博したLC IIIの後継機として1993年後半に発売されました。 この小型ピザボックスシリーズの中では最強のパワーを持ち、LC IIIの2倍以上(クロック数こそ同じでもアーキテクチャーが違っていました)の性能を持つため、人気の機種でした。
私の所へはApple Portlait Displayとともにやって来たのですが、それまで使われていた環境のせいか、全体がすっかり黄ばんでいました。 しかしモデル名のプレートだけは元の色を保っているのが面白いですね。

 ●Photo
IIsi-01
IIsi-02

これは別途手に入れた、Macintosh Color Display 13インチを重ねています。 このモニタの方がポートレートモニタよりもぴったり決まりますね。 Appleの純正モニタは、このあとのLC575の時代まで、SONYの一次曲面を持つトリニトロン管が使用され、シャドウマスク管にはない高精細な画像を誇っていました。