Performa 6410

コードネーム/ Hacksaw
製造 1996年〜1997年
モニタ別(発売時はApple マルチスキャン15AV
 またはApple Vision 1710AVが付属)
最大メモリ136MB(168pin DIMM x 2)
CPU / Power PC 603e 180MHz
HDD /1.6GB
ドライブ / FD x1 CDx1
外部ポート / 外部モニタx1、ADBポートx1、モデムポートx1、プリンタポートx1、SCSIポートx1、外部ステレオスピーカージャックx1
 ステレオマイクロフォンジャックx1、ステレオヘッドフォンジャックx1
搭載OS / 漢字Talk 7.5.3

パフォーマシリーズとして初めてのタワー型筐体で登場したマシン

しかしその外観から「オバQ」とも呼ばれていました。
正面のデザインも、CD/FDと横長の要素の下へ赤外線リモコン受光部・スピーカー音量調整ボタン・ステレオヘッドフォンジャックと縦に配置し、そのまた下へ通気口の小さな穴を横位置で配置する..... という、この時代他のDOS/Vマシンが四角四面で、ビジネスマシン傾向一辺倒だった外観に比べて、細かなデザインセンスが盛り込まれた造形を持っていました。
その中身はロジックボードにAlchemyを採用し、PCIバスを2基搭載、メモリも大容量のDIMMを搭載し、HDはIDEで1.6GBありました。 前面パネルを外すことで、より大きな容量のHDとの交換が容易となっています。
Apple としての製品コンセプトは「ホームオフィス」。
そのためのバンドルソフトや機能は、必要にして充分だったと言えるでしょう。 実際に動かしてみると、低音の効いたスーパーウーハーが付いており、専用のG3-CPUカードを使えば、OSを9.1にアップグレードしても実用に耐える性能です。

 ●Photo

PF6410-01

こんな細かいところにもAppleマークが。(側面パネルの中央) こういう所にもこだわっていたんですね。(^_^)

Performa6410-04

私はこれにG3アップグレードカード(400MHz)イーサネットカードとビデオカード(リアパネル左下まん中辺)を入れてOSは9.1で、子供たちの学習(遊び?)マシンとしていましたが、OS上のトラブルから現役を引退し、今では棚に眠っています。
上部の鉄板部分はApple TVチューナーユニットで、中央のコネクタにアンテナ線を繋げば、OS標準添付のApple Video PlayerでTV映像が楽しめます。
PF6410-02
PF6410-03